Archive for the ‘未分類’ Category

頑張れ小池・東京都知事!③

2016-10-18

築地から 豊洲市場 移転を巡り 都庁の市場長を 更迭した。この 決定は スムーズだった(?)が、大タヌキの 森 喜朗そ 元・財務省次官の 武藤事務総長の 更迭は 簡単ではないであろう。

然し、そこまで 踏み込んで やらないと『無責任男の二人』が オリンピック東京組織委員会に 居残り、いつ迄経っても 世論は納得しない上、オリンピックの 成功は 難しいのではないか?

本来、これは 安倍晋三首相や 菅 官房長官・二階幹事長辺りから 進言すべきマターだが、『勇気がない』(?)のか、あれ以来、居座りを許している。 そもそよ、この二人は どんなプロセスで 決まったのか? また、主催地の 東京都知事との 関係や 権限は どうなっているのか?

マスメディアは 何故 とりあげないのか? 読売の これも タヌキ 爺さん、ナベツネが 恐いのだろうか?
外から 眺めていると 、あれだけ 新国立競技場と エンブレム問題で 莫大な経費をパーにしながら、依然として 居座りを続けている この二人に良心はないのか? また、日本的『恥の心』は ないのか? 大いに疑問に感じる。

小池百合子東京都知事の 権限にて 更迭出来れば 素晴らしいが、「猫の首に鈴」をつけるのは他に存在するのだろうか?

豪ヒマ人 より
Oct./17/2016 at 06:43 local time wrote

頑張れ小池・東京都知事!②

2016-10-18

昨日のニュースで 『 初めて』 村山 宮城県知事が オリンピック東京組織委員会を 批判した。
> 当然の 指摘であり、私は 彼の コメントに賛成!拍手喝采である。
>
> 小池百合子東京都知事も これに賛同し、現在の 腐った東京組織委員会を 糾弾し、できれば 森 会長と 武藤事務総長の 最低二人は やめさせるべきである。何度も書くが、さもないと今後更に 「オカシナ事件」が 起る可能性ある。
>
> 一層の事、小池百合子東京都知事が、オリンピック東京組織委員会 会長に就任すればよいのでは?
> こういう 物事を 客観的に 、第三者的に 冷静に考え、見つめて 判断する………今、それが 非常に大切ではないか?
> 新国立競技場 や エンブレム 問題で あれだけ 損失を 都民や国民に 与えながら、平気の平左で 『シャーシャーと居座っている 森と武藤 』こそ、本来 即刻 クビにしても 誰からも 文句はでないであろう。
> 今回の 宮城県知事からの クレームは 当然であり、その事実を 誤魔化し、闇に葬 り、自己の権益にしがみつこうとする 東京組織委員会の態度こそ マスメディアは 叩いて欲しいものだ。
>
> 豪ヒマ人 より
>

頑張れ小池・東京都知事!

2016-10-18

拝啓

小池 百合子 東京都知事 さま。

当方、豪州連邦 ・田舎住いの 一 リタイア老人。 貴方が 自民党推薦も受けず見事に 都知事に当選され お祝いのメールを送信しました。

この わずか 数ヶ月のご活躍ぶりは 誠に 素晴らしく 多くの都民が 高い評価をしています。

さて、愚生 前回のメールにても warning させて 頂きましたが 東京オリンピック組織委員会の事です。今回、不思議にも(?) その 組織委員会から、貴方に 「ボート競技会場選定のやり方が不透明」との クレームが つきました。

トンデモナイ! むしろ、東京組織委員会こそ 『不透明そのもの』 で、それを指摘される前に 先手を打って、今回のクレームになったのではないか?

新国立競技場や エンブレム 問題で 莫大な 無駄金を使用、その責任を一切取らぬ 森 喜朗会長と 武藤事務総長。 先ず、 この二人を 更迭しない事には 2020年東京オリンピックの成功は 覚束ない!
その事を どうか 強く心に刻み付け、機会を見つけて 『更迭実行』 お願いしたい。
ご承知の通り、この 2020年東京組織委員会の 役員などの 選定過程こそ【不透明そのもの】で、この点、 安倍晋三首相ですら 森 喜朗会長に 進言できず 時間が過ぎている。

その後、エンブレムは 決定、新国立競技場・デザイン は決着したものの、建設費に信じられぬ様な 高額数字が提示されている。 国民や 都民の 『血税』にて 建設されるのは止むを得ないにせよ、予算を極力 抑制し 、全国民 納得できる 公明正大ななプロセスを 公開しながら 進めて行くのが スジではないか?

この点を 是非 小池百合子東京都知事より、組織委員会に対し、公開質問状にて 問い正して 貰いたい。IOC の意見 云々と 二言目には 苦し紛れの言い訳をしがちだが、『IOC 意見は 尊重するが決断は 開催国である事』 を肝に 銘じて、 IOC との 交渉に 望んで貰いたいものだ。

東京と日本の 将来の為に 上記 愚生の 意見を いささかでも 考慮 願えれば 幸甚です。

貴方の 東京と日本を 改良する 崇高な 精神と その実行に向けての真摯な姿勢に心から敬意を表します。

敬具

小 林 昌 三 拝
Oct./15/2016 at 13:45 Australian local time wrote

iPadから送信

オーストラリア人の特徴「高いケシの花現象」ーー小林昌三

2016-09-26

仲間の皆様

一般的には 日本では余り知られていない、馴染みのない Aussie独特の tall poppy syndromeについて です。

これは日本語で 何んと訳すか?・・・『高いケシの花 現象』 とでも言うべきか? これは 何の意味だろうか?推測するに 例えば あるベンチャー企業が猛烈な努力の末、成功したとする。そこに至るまで このアントルプルーナーは 大変苦労して試行錯誤 続け、やっと成功 やれやれ 、これからが 果実を得る時期になった・・・と。

それを知った同業者や周囲の者・企業が その企業を つぶしにかかる・・・・謂わば やっかみ半分、ヤキモチから、その企業に分らない様に コッソリ あの手この手を使い やっつけ、結果 潰してしまう。 高く伸びたケシの花と茎を 途中から バッサリ 切り落としてしまう・・・・様なものである。

それ故、オーストラリアには 世界的な大企業が育たず 且つ 日本の中小企業の個性豊かで 独特の技術や ノウ・ハウ特許等で成功している様な ケースが殆どみられない。American Dream 如き Australian Dream は残念ながら見られないのが 現実である。 

この理由は 色々考えられるが・・・・・私の独断と偏見で 敢えて書かせてもらうと、1770年 英国人探検家 James Cook が Sydney 湾到着以来、原住民 アボリジニーを殺害し、土地を奪取、英国から クリミナルや 政治犯を 次々と 島流しにしてきた歴史が関係ありそうだ。

要するに 同じ クリミナル同士が食うや食わずの厳しい生活を長い間 続け そこから 或る日突然 成功者が出現し、自分達よりも より良い生活・・・・豪邸を建て、高価な乗用車、ボートなど所有をすると よってたかって『コンチクショウ、自分だけいい思いをしやがって!』 と 叩き、潰しにかかる・・・・何んと了見の狭い 根性かと考えるが。  そんな 現象を tall poppy syndrome と呼ぶようだ。英語では

influential person with status held in contempt by others who try to bring about person’s downfall or ruin となる。

American Dream とは 正反対であり、従って Australian Dream は存在しない様である。例えば 世界的に名の知られている企業といえば B.P. (石油会社)ぐらいであろうか。 ただ、こういう 天然資源は豊富であり 石油・鉄鉱石・石炭・LNG ニッケル 等の 輸出は貿易で 大きな比重を占めているのは ご承知の通り。

ただ 最近では この tall poppy syndrome は見られなくなったらしいが 潜在的に多くの Aussie の精神にはこれが 時々顔をだす・・・・と思われる。

多民族国家であるのは アメリカや カナダと同じであるが 根本的には アメリカには 人々が協力し合ってアメリカン・ドリームを築こうと協力する精神が旺盛であり 最近では Microsoft, Apple, Amazon, Google など 成功企業が多い。それに 比較し オーストラリアから 成功収めている企業の名は残念ながら 聞かない。

この原因は 一体全体 何故であろうか ? 説得可能な、納得の行く 合理的な説明・理由がなかなかみつからない。 日本でも 大田区の 中小企業で ネジで 世界的シェアを誇っていたり、BS便所サンダルの 独特の生産で成功していたり ユニークな企業がある 。もちろん、ソニーのWalkman, TOTO Washlet 宅急便など戦後の大成功企業が 沢山存在する。 ソフトバンクや 楽天なども 入るであろう。 そんな 企業は オーストラリアでは ゼロである。

この傾向は 多分 今後も 変わらないかもしれない。何故なら 国民性が ”Be happy ! No worries.” (心配ないぜ、楽しくやろうや) で根本には なるべく楽して金儲けを企み 一攫千金を夢見ている輩が やたらに多い。ご存じかもしれないが 人口 2400万人でありながら 世界一の ギャンブル王国・・・一人当たりの宝くじ等を含み一人当たりの 使用費が 年間 6千ドルとか。 海に沈んでいる 宝物探し、地上の 金鉱探し にうつつをぬかしている人口も オーストラリアが一番多いらしい。

国土の面積 769万キロ平方メートル、日本 38万キロ平方メートルの 約20倍。天然資源が ふんだんにあるので 将来あるとみられるが、人々の創意工夫や アントルプルーナーシップ精神の欠如、そして ギャンブル大国。ワイン・ビールが 比較的安く 買えるので 飲みまくり、天候も 大陸性ながら 一年を通じ 良好で 毎日の様に 面白おかしく 楽しく 過ごす 国民性ともいうべきか・・・・”Be Happy ! No worries !”  と 眼に見えない tall poppy syndrome 2017年も おそらく 変わらないであろう 。

小 林 昌 三  拝

Australia, QLD 州 Noosa Heads 在住 (Sep../23/2016 wrote)

ウイルス フリー。 www.avast.com

新事業計画「子供のための出張歴史教室」を提案ーー早房長治

2016-08-14

8月10日に開いた、「秋のコンサート」準備会合の際、早房が新事業計画「子供のための出張歴史教室」を提案しました。

「第2次大戦後、日本の学校で歴史教育、とりわけ近現代史の歴史教育が行われていないのは非常におかしい。その結果、小、中、高校生はもちろん、50歳代までの人々が戦争とは何かも、平和の有難さも理解できない状況が生じている。一方、戦争の悲惨さを体験的に知っているのは、せいぜい70歳までで、体験を若い世代に伝えようとしても、体力的にあと10年以内にできなくなってしまう。文科省や現場の教師が今後も歴教育をやろうとしないのなら、志ある民間人がヴォランテァとして歴史教育を担うしかないのではないか」という認識の下に、有志が過去に日本人が闘った戦争などについての教材をつくり、全国の学校などに出かけて、自らの体験を交えて歴史を教えるという事業計画です。

この計画を実行するには、使命感とともに、かなりの規模のヒト、カネ、モノが必要です。「挑戦するシニア」の会員のできるだけ多くの方に参加してもらうだけでなく、私どもと志を同じくする有志や有識者を募る必要があります。企業や富裕な個人から資金を提供してもらうことや、全国の教育委員会関係者や学校現場の教師に私どもの計画を理解し。受け入れてもらわなくてはなりません。

いうまでもなく、いま行っている「シニアのためのコンサート」よりかなり大規模な計画です。慎重に計画を練り、スタートしなければ、成功はおぼつかないでしょう。会員の皆様の御協力をお願い申し上げます。

下記は10日の会合出席者にお配りした計画趣意書です。会員の皆様からご意見をいただけると幸いです。

「挑戦するシニア」の新しい社会事業

「子供のための出張歴史教室」

<趣旨と目的>

 第2次世界大戦(アジアでは太平洋戦争)が終了してから70余年が経過した。この間、日本の学校で起きた最も奇妙な出来事は歴史教育の欠如、とりわけ近現代史に関する教育をまったくといっていいほど行わなかったことである。この結果、子供や若者はもちろん、50代までの人々は戦争の悲惨さも、ひいては平和の有難さも理解できない。このような状況の下で今日最大の問題は、戦争の悲惨さを体験した世代の大部分が今後10年間にいなくなってしまうことである。

 2016年7月の参院選の結果、自民党などの改憲勢力が衆参両院で3分の2を占めたことによって、今後、憲法改正の動きが現実化するであろう。何をどう変えるかは国民が決めることだが、自国の近現代史を知らない国民が正しい判断をできるとは思えない。正しい判断を下すためには、相当程度の歴史的知識が必要である。本来なら、文科省や現場の教師が工夫を凝らして歴史教育を行うべきだが、今後も、従来と同様にできないというなら、戦争と平和を体験的に知るシニアがヴォランテイアとして担うほかない。

 私ども「挑戦するシニア」は上記のような考え方から、学校かその周辺の施設に会員か同志を派遣して、子供たちに歴史教育をするという大役を買って出ることにした。私どもの歴史教育の狙いは、まず、歴史上の事実を子供たちに正確に伝えること。次に、その原因や背景を分析してみせること。第3は、歴史の教訓を今日や今後にどう生かすべきかについて、子供たちとともに考えることである。とりわ歴史上の事実を伝えるにあたっては、できるだけイデオロギーを排し、事実を選択する幅を広げるように心掛ける。

<教育の対象>

 初めは小、中学生。2年目以降に高校生を含める。近い将来には大学生や若い社会人も。

<教え方>

 ◍ 30分のレクチャーの後、30分間の質疑応答が基本
 ◍ 映像、漫画、絵画などをできるだけ多く利用し、子供が理解しやすいように工夫する
 ◍ 教え方の研究と資料整備に3か月かける

<教室>

 主に学校、公民館などを借りる。「挑戦するシニア」本部オフィスを使うことも。

<歴史教室の存続期間>

 ◍ 第1期 発足から5年間。
 ◍ 第2期 活動を続けられるに足りるメンバーが元気で残っている場合は、あと5年間。
 ◍ 第3期 存続した方がいい場合は、若い世代に譲り、活動内容を一新する。

<資金計画>

 ◍ 子供のための歴史教育基金をつくるーー寄付を募って1000万円~2000万円規模に(当初)。できれば5000万円規模まで増額。
 ◍ ランニングコスト(年間) 約500万円
 ◍ 授業料ーー交通費実費+資料代3000円(受講生100人以内の場合、器具代は別)
 ◍ 講師謝礼 1日1万円。((講師は授業を行うとともに、報告書を作成・提出)

                                 (以上)

 

秋の「シニアのためのクラシックコンサート」に友人・知人の勧誘をーー早房長治

2016-08-12

 9月5日(月)午後7時から開催する、秋の「シニアのためのクラシックコンサートのためにプログラムを
「600枚作りました。さる10日の準備会合の際などに400枚を送ったり、会員が持ち帰って下さいました

が、まだ200枚余が残っています。

 できるだけ多くの方が、できるだけ多くの方が友人・知人にプログラムを配り、勧誘して下さい。必要枚数

と住所を早房に知らせて下されば、直ぐに郵送いたし

 また、男性の仲間で当日の会場整備を手伝っていただける方は、午後5時30分に、いきいきプラザ1階ロ

ビーにお集まり下さい。    (早房長治)

今日も「いつも通り」であることーー小林昌三

2016-07-26

みなさま へ

平凡な毎日を過ごしている 私如き“お歳より” にとって 何よりも有難く 感謝の気持ちになるのは健康で 『今日一日も昨日と同様に』 過ごせた事、夜に感じる時です。

テロ事件など 世界各地で頻繁に起る現在、“人それぞれ、百人百様・千差万別” な人生があり、今日の 生き様 は、その個人が選択し、もたらされたで結果である のは言を待たない。

世界の人口70億人と言われる現在、その人生も 70億とおり あるのであろう。それぞれの人生は貴重なもので 他人には 真似できるものではなく、又 どの人生がどうの こうの と言える訳ではない。

誰かがいつか 週刊誌などに書いていたが・・・・『高齢者にとって最も大切なこと』 は

① 健康であり ② ボケていないこと ③多少のお金があること の三つである 、と。

①については 日頃 誰でも 食事・運動 などに注意を払い 気を配っている事であろう。

②に関しては 2020年頃になると 日本のボケ老人人口が 全国で 300万人を超えるとの予測もあるが、こればかり は残念ながら 自分で コントロール不可能。アルツハイマー病など未だに効果的な治療薬が開発されておらず 一旦 発症したら 完治が困難な病気である。

③の “小金” であるが・・・・75歳を越えた殆どの方々は 年金生活であり、若い頃 多少の貯蓄〔蓄財〕 を心がけ、有価証券や不動産などお持ちの方もおられるであろう・・・・日常の生活費の他に 必要だと思うのは やっぱり いつも多少の現金(5~10万円程度?) は手許において置きたい事である。孫・ひ孫など 訪問時に 多少のお小遣いでも を渡せれば 双方が嬉しいに違いない。

不幸な老人に共通と思われるのは ①寝たきり状態になること ②話し相手が居ないこと ③小金も現金もないこと ④ ボケて何も分らないこと(これは本人にとっては幸せかもしれないが)

この様な 状況に不幸にも 陥った時、そのまま 『生き続けること』 が 果してハッピーであろうか? Ending Note を書くなり、葬儀の準備、遺言など 周囲に残る家族や 人々に極力 迷惑をかけずに 静かに そうっと 厳かに 穏やかに消えて行く 手立てはないものだろうか? 

安楽死など 日本では 法律がいまだに成立していないが、これも 人生最期の 選択肢の一つで、是非とも 一日も速く 国会で 法律として成立させて もらいたいものだ。

豪ヒマ人  より

July/25/2016 at 00:25 Australian local time wrote

世界で頻発するテロ、防止の名案はないかーー小林昌三

2016-07-26

“挑戦するシニア” みなさま へ

昨日(7/22) も またまた アフガニスタンで テロがあり、80名の人々が犠牲になっている。このところ、テロによる ニュース報道のない日がない位 次から次へと悲惨でむごい事件が続いている。罪もない 人々が殺害され 平和な生活が一瞬にして 地獄と化す・・・・今の所、日本で起こらないのは幸いである。

さて、これらの テロ事件が起り始めたのは 2001年9月11日 例の アメリカNew York ツイン・タワービル(世界貿易センタービル)が 自爆テロ2機 により激突、炎上した時、以来ではなかったか? それ以後 何万人という テロによる犠牲者やその家族が生まれたことか !

オサマ・ビン・ラデインというアメリカに 恨み・つらみ・憎しみを強烈に抱く人物が首謀者で、遠因はイスラエル・パレスティーナ問題ではなかったか? 資金・軍事面で イスラエルに援助を続ける『にっくきアメリカ』 をこらしめる為に 起こした航空機による自爆テロだった。

ご承知の通り、その後 かなり 時間がかかってから、必死に探していた米軍特殊部隊により、オサマビンラディンは 隠れ家で発見され殺害、彼をかくまっていたとされるアフガニスタンや パキスタンまで が米英軍のテロリスト攻撃の対象となった。 

また、大量の破壊兵器を隠していたとされるイラクの サダム・フセイン も逃げ、隠れしていたが 最期は 小さな ほら穴から発見され 裁判で処刑にされた。ご存じの通り、結局 『大量の破壊兵器』は 発見されず、当時 米ブッシュ大統領の米軍イラク攻撃が疑問視されたり・・・・いずれも 欧米側の大義名分は テロリストの撲滅にあった。

その後、IS という テロリスト過激組織ができ、今や世界に恐怖と不安を与えている。9・11事件以来 早くも 16年が経過、先般の フランス(ニース・パリ等)、チュニジア、バングラデッシュ(ダッカ)まで テロの対象で狙撃され JICAで派遣されていた日本人までも巻き込まれ、罪もない民間人が 多数殺害され続けている。

今年8月 開催予定の ブラジル・オリンピックなどで 絶対にテロが起らぬ事祈る 。

このテロが起る原因は ISIS や タリバンなど 反欧米諸国に対し、イスラム教を信じる回教徒の『ジハード』(聖戦)で 自爆テロによる実行者は 英雄覗され その家族・一族の栄誉とされる。今後も 延々と イスラム教徒による自爆テロは 残念ながら 続きそうで いつ何処で『またまた起る可能性』 は誰も否定できない。 何か これを止める方法・手立ては ないものか?

大元は やはり 『パレスティーナ国家』を認める事であり(一部・国連等では決議されているが)、IS などを完全に 消滅させることであろう。 それは 可能であろうか? 一番 影響力のあるのは当然ながら アメリカの決断 であり、また 英国の国家戦略 ではないか?

日本として IS テロ組織撲滅や パレスティーナ国家建設に 協力できないか? ただ ODAなどで 援助金を出資するだけでなく テロ撲滅を含め 日本としての具体的国家戦略を構築し、実行してもらいたいものだ。

8月 安倍改造内閣で 岸田外務大臣の留任が決まるか? 外から 眺めていて、この十数年の外務大臣として 『良くやっている』 と見えるが、派閥政治の優先する 日本の政治では一寸先も闇で 今後 どうなるか分らないのだろうか?

日本として テロ防止対策の名案 は国際社会に 提案できないものだろうか?

冬の 豪州から いつもの ヒマ人 より

 

世界を揺さぶる移民問題。とりわけイスラム問題についてーー小林昌三

2016-07-20

みなさん へ

この年齢になると 『いつ何時(なんどき)何が起こるか誰にも分からない』 気持ちが強くなってくる。個人差もあるが・・・・今回の バングラデッシュ事件や 海のリゾート地 フランス・ニースでのテロ事件を 見ていると たまたま その時・その場に居合わせた人々が犠牲になっている。 

事前に防ぎようもない上、逃げる術もないまま 殺されてしまう。これらの テロを企て 実行する連中は何故かイスラム教徒(ムスリム・回教徒)が殆どである !

この宗教は あの砂漠の自然環境の超厳しい地域に生まれ 2千年以上も続いている・・・・信徒は世界中に2億人以上もいるとか! この 一神教の基に生まれると 全ての人間は 生まれながらにしてイスラム教徒になる。 他の宗教への改宗は 絶対に許されない。

そして 「ジハード」というイスラム教徒の義務 コーランに書かれている 『イスラム世界の拡大・防衛の為の戦い・・・聖戦』 に参加せねばならない。そして 犠牲になれば それが その家族にとり最高の栄誉とされる バカな考えが 延々と2千年以上も続いている、自爆テロが永久に終わらないのは そのせいです。 その極端な 組織が ISIS という数年前に組織された 武力暴力集団。

日本の 神風特攻隊も 一時、そのように 誤解された時期があったが・・・・・。全く違う精神から来ているのは ご承知の通り。私は 1969年頃 中近東ソニー駐在員として Lebanon首都 Beirut に駐在し、中東諸国 約10ヶ国を ソニー製品売り込みに 飛び回っていたが 商売相手は99 %イスラム教徒だった。

 一日 5回 メッカ(Saudi Arabia、第二の都市 Jeddahの近く) に向かって、風呂敷程度の敷物を地面に敷いて ひざまずき地面にアタマをつけて お祈りする・・・・モスク(寺院)があれば そこに行って同様にお祈りする・・・・。大事な商談があろうと なかろうと 国際電話中であろうと 時間がくると 突然 祈りだす・・・・初めて知った時は 正直 一体全体どうしたのだ 何が始まるのか?!・・・と不思議に思った。

そういう 連中は コーランという回教の聖書を諳んじていて モスクなどから 時間がくると スピーカーから コーランの一説が録音されていて流れ出す。そこいら中に 鳴り響く大きな音で いやでも応でも 聞かざるを得ない。 そういう環境で生まれ育ち 成人になると 自然と 他宗教の人間とは 違ってくる。違ってこざるを得ない・・・・。現在も この習慣は 変わることなく延々と続いているのは 言うまでもない。

この宗教は 女性は全部 ブルカという 黒い頭巾(眼だけ見えるようになっている)を被り、黒いマントの様な 服装を外出などの際 身につけ 家族以外の他人には 絶対に素顔をみせない。 

ムスリムの男性は 皆 『白い装束』を身に まとって生活、これは結構 風通しが良いらしく 日中45℃を 越える毎日の 中近東の国々では 日常生活に欠かせない服装である、もちろん 頭には ターバンみたいなものを被ってこれも 独特のスタイルである。

また、ムスリムだけの学校や モスク(教会のような建物)を建て、これもイスラム教徒だけしか入れないシステムになっている。今、英国や ドイツなど ムスリムが増えだしたヨーロッパの国々ではこういう イスラム教徒の慣習が徐々に 静かに 拡大しているらしい。 豪州でも同じ様な 動きがあり、一部の住民が気ずくと 『イスラム教徒だけの学校・ムスク建設 反対!!』 運動が起こる。

おそらく 今後も世界中に 問題を ばら撒き 殺人や暴力事件を起こす恐れがある。ご存じ ヨーロッパでは その イスラム教徒が増え続けて大問題になっている。 アメリカの トランプ氏が中東や 他国からの移民制限を大統領候補・共和党 政策の一部にかかげ 支持者も増えているのはそういう イスラム教徒への恐怖心から ではないか?

この田舎の Australia でも今回の選挙で Pauline Hansonという 人種差別主義(?)のOne Nation 政党(QLD州 Ipswich 発祥地)というのが注目を浴び、移民制限を 堂々と選挙公約に打ち出し、賛同者も結構居た・・・・初めて 2名の議員が誕生。 8月以降の 議会でどんな発言するのか みものです。

日本には イスラム教徒が少ないのは 誠に 幸いである ・・・・ と考えます。

余談が 長くなったが 今年 当地でも 何故か異常気象。 この1~2年間は 地球温暖化の影響か 雨天日が数年前に比べ 格段に増えている。毎週 月曜日の Veteran’s Golf コンペ、今7月だが 何んと 雨天の為 5回もキャンセルになっている。

ですが・・・・・相変らず 下手くそゴルフは 続け、数えると 既に 本年 38回のラウンドを終えている。 

靖国神社 恒例の『みたま祭り』 ・・・・・日本文化チャンネル『桜』 にて 放映されたVideoを 観ています。 あの 戦争で散った 若者達の 『み霊』 を思いやる気持ちは 決して忘れてはならない・・・・まさに ” Lest we forget!” です。

どうか お元気で 今年の暑い夏も お過ごしください。再会・談論を 楽しみにしつつ。

Ciao !  Ciao !

小 林 昌 三 

July/18/2016 at 05:05 am local time wrote

ウイルス フリー。 www.avast.com

鳥越俊太郎さんの男気に共感ーー早房長治

2016-07-14

 76歳で、がん手術を何回も経験している鳥越俊太郎さんが、参院選の結果にショックを受け、余生を世の

中に捧げる決意で都知事選挙に立候補したことに共感しています。個人的にも、一般社団法人「挑戦するシニ

ア」の一会員としても、選挙中も、もし当選すれば、その後も、支援します。

 本来なら、鳥越さんの政策をもっとよく知った上で支援を決めるべきでしょう。しかし、今回は、「おかし

な世の中の流れを阻止するために都知事戦に身を投じたい」という男気にジンときてしまいました。

 私は鳥越さんより2歳年上の78歳です。残された人生は長くありません。世の中のためになる、規模の大

きな事業を行うよう、アイデアを考え、まず、「挑戦するシニア」の仲間の皆様に提案したいと考えています

。                                 (早房長治)

« Older Entries Newer Entries »
Copyright(c) 2012 Striving Senior, All Rights Reserved.